Serviceサービス

ビズライト・テクノロジーのサービス

IoTやAIの産業利用には、情報収集するセンサーから、ネットワークへとつなぐゲートウェイ、クラウドリソース、
エッジで推論処理を行う端末、各種UIデバイスまでトータルで設計して実装する必要があります。
私たちビズライト・テクノロジーは、「ハードウェアがわかるソフトウェア開発集団」として、
自社製品のIoTゲートウエイ「BHシリーズ」を軸として、ワンストップですべてをフォローし、
お客様の産業目的でのIoTやAI導入を支援します。

ビズライトの技術的バックボーン

ビズライト・テクノロジーは、「インフラ設計/サーバ構築」「ソフトウェア開発/データベース構築/ロジック開発」
「ハードウェア/ファームウェア開発」すべてをサポートするシステムハウスとして、
単体もしくはこれらを組み合わせたソリューションを提供しています。

ソフトウェア

政府公官庁・JR時刻表・各種WEB UIなどで実績多数

ソフトウェア開発のなかでもビズライト・テクノロジーがもっとも得意とするのが、ウェブサイト開発です。
ウェブ上でさまざまなテンプレートと自分の写真を組み合わせてハイクオリティな年賀状を制作できる「年賀家族」の開発では、どなたでも快適に利用できる操作性に徹底的にこだわりながらブラッシュアップを続けており、毎年多くのお客様にご利用いただいています。
ウェブサイト開発で培ったテクノロジーを背景にしたタッチパネル式のデジタルサイネージ『Furelo』(フレロ)では、それまでのサイネージとは一線を画する高い操作性と、更新コストを抑えるコンテンツ管理システムをご評価いただき、公共交通機関の時刻表サイネージや大手ショッピングモールのご案内などで採用いただいています。
そのほか、バス経路検索サイト用に開発したロジック開発、交通機関の時刻表などの大規模データベース開発、スマートフォン近接通知ソリューションのライブラリ開発、多数の商用スマートデバイスを管理するデバイスマネジメントコンソール開発など、さまざまな実績があります。

サーバーインフラ設計・構築

オープン系システム・デジタルサイネージなど

ビズライト・テクノロジーは、早くからオープンソースに着目してLinuxでのサーバ構築に取り組んできました。多重化サーバ構築技術に関しては国内有数の高い技術レベルを保持していると自負しています。
年賀状サービスやチョコレートのECサイトの開発では、特定シーズンに強烈な負荷がかかるため、高スペックのハードウェアに頼るのではなく、サービスが求める性能を見極めたうえで、ソフトウェアロードバランサーを開発したり、CDNを活用したりすることによって、コストを抑えたサーバインフラを構築してクライアントのビジネスを実現しました。
ジンバブエ政府官公庁のウェブ/メールサーバ、公共交通機関の駅発時刻表サイトなどの落ちることが許されないミッション・クリティカルなサービスのサーバ設計・運用にも携わっており、セキュリティーや高い稼働率などをご評価いただいています。

ハードウェア・ファームウェア

BHシリーズ・専用機の設計監修・ドライバ開発

Raspberry Piをオリジナル基板と筐体で堅牢化し、産業用途での利用を可能にしたIoTゲートウェイ「BHシリーズ」を自社製品として開発、販売しており、累計2,000台以上をご利用いただいています。
その他にも、お客様のご要望に応じてハードウェア及びファームウェアの設計開発を行っています。これまでに、IoT自販機やIoT家具、無人駅の据置型情報端末、劇場の字幕表示端末などの開発を支援してきました。